ローンの返済で困ったときは、ひとりで抱え込まず一度ご相談ください。

住宅ローンは数十年という長期間返済を続けるもの。借りるときには万全の計画を立てていても、長い返済の間に失業や転職、定年、離婚などによる経済上の変化が起こることは誰にでもあり得ます。

ローンの返済が困難になったとき、あるいは「なりそう」「なるかもしれない」というとき、できるだけ早く専門家である私たちにご相談いただくのがおすすめです。対策を立てるのが早ければ早いほど選択肢は広がります。また、滞納が続くとローンが破綻したと見なされ、分割での返済ができなくなり、滞納情報が信用情報機関に登録されます。ですから、住宅ローンの返済に不安を感じたときは早く対策を検討するに越したことはないのです。

ただ、すでに数ヶ月滞納してしまった、もうどうにもならないと思っている方も決して諦めず、まずは私たちに相談してください。状況を改善する手段は必ずあります。焦って金利の高い消費者金融に手を出してしまったりすると、状況をどんどん悪化させてしまうことにもなりかねません。ひとりで悩み考えているだけでは見つからない対応策が、プロの視点からご提案できることも多いです。「もう無理だ」「売るしかない」と悲観に暮れていた方が、相談に来ていただいた結果「こんなふうに状況を改善する方法があったんですね」と心を軽くされるということは少なくありません。

弊社ではあくまでお客さまの暮らしを第一に考えます。自社の利益を優先して誘導するようなことはせず、それぞれの選択肢のメリットとデメリットもきちんとお伝えし、お客様に納得していただいた上で対応を進めます。ぜひ一度お電話ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA